イタチ駆除が失敗に終わってしまう原因について

イタチ駆除が失敗に終わってしまう原因について イタチ駆除を自分で行いたいけれど、失敗してしまうのではないかと不安に感じている人も多いです。
自分で行うことを検討している場合はいくつか注意しておかなければならないことがあるので、事前にしっかりと内容を把握して頭の中に入れておくことが大事です。
下手に自力でやろうとすると失敗に終わる原因となることもあります。
イタチ駆除の失敗に繋がることのある原因の一つ目は、法律上の問題です。
狩猟法と鳥獣保護法という法律によって、イタチ駆除をする場合は勝手に捕獲をしてはならないという決まりがあります。
個人でイタチ駆除をしたいと考えている場合は、事前に住んでいる自治体に対して届け出を出しておくことが必須です。
届け出を提出した場合であっても、捕獲が可能となっているのはオスのみでありメスの捕獲は禁止されています。
知識が乏しい一般人ではオスとメスの区別をすることが難しく、法律に触れてしまう場合もあるので注意が必要です。
二つ目は、一度駆除に成功したとしても再び同じことが起こるケースが多いということです。
追い出しが十分でなかった場合や侵入経路を確実になくすことができなかったことが原因となり、素人ではうまく行かないこともあります。

不慣れな人がイタチ駆除に失敗してしまう様々な理由

不慣れな人がイタチ駆除に失敗してしまう様々な理由 家の中に住み着いて食べ物を食い荒らしたり糞尿を撒き散らしたりするイタチは、大変迷惑な存在であるためつけた際にはすぐにイタチ駆除が必要ですが、不慣れな人が行うと失敗してしまうこともよくあります。
その理由として挙げられるのが、イタチの生態や習性などに詳しくないと適切な方法で駆除を行えないという点です。
例えば罠を仕掛けるにしても、イタチが3cm四方の隙間があればすり抜けることができるということを知らないと、網目の大きいものを使用してしまって、せっかく罠の中に入っても逃げられてしまうということがあります。
また、鳥獣保護法によって保護されているイタチは、本来許可なく捕獲したり傷つけたり殺したりしてはいけないものなので、その方法についての情報がほとんどないため、そもそもイタチ駆除の仕方が分からないという人も多いでしょう。
捕獲や駆除に失敗するだけならまだしも、不慣れな人は罠で捕獲したイタチに噛み付かれて怪我をしてしまったりすることもあります。
このように危険の伴うイタチ駆除は、自分でなんとかしようとせずに専門の業者に依頼し確実な方法で速やかに行ってもらうことが、被害を拡大させないためにも安全のためにも重要になってきます。

イタチ駆除についての詳細サイト

即対応のイタチ駆除なら